読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CALMな時間

Everything is made from a dream

ウェック富士観戦!

車&レース関係 日記

 レクサス!


 涼しい季節がやって来ましたね。


 さて今回はFIA WEC 2016 第7戦 富士スピードウェイ6時間を観戦に行きました🏁


 f:id:dorifuto-naoki:20161101193855j:plain


 WECとは何なのかわからん!という人の為に簡単に説明します。


 WECはWorld Endurance Championshipの約で、数多くある四輪モータースポーツの1つ。読み方はダブリューイーシーもしくは、ウェック。


 今年は9戦、世界の有名なサーキットで開催され、チャンピオンシップを争う。あの有名なル・マン24時間もその中に含まれている。


 WECの特徴はLMP1-h(LMP1)、LMP2、LM-GTE Pro、LM-GTE Amと4つ(厳密に言うと5)のクラスに分かれているマシンが同時にレースをしていることだ。


 LMPはプロトタイプのマシンで、まず公道にはいない。一方GTEマシンは市販のスーパーカーがベースに改造されている。


 で、その各クラスで上位を争うレース。

 詳しくはぐーくみる等で検索すると分かりやすい説明がのっていマスタング


 一番の見所はP1-hクラスで激しい接近戦を見せるポルシェ、アウディトヨタ。P1マシンはフォーミュラカーを除くと、最もF1に近い速さを誇る🏎


 因みにGTEクラスはポルシェに加え、アストンマーチンフェラーリといったスーパーカーがいる。


 f:id:dorifuto-naoki:20161102133411j:plain

 ↑富士スピードウェイ


 決勝レースが始まる前にコース周辺を散歩&お店でグッツを買ったりしました。


 f:id:dorifuto-naoki:20161101215104j:plain


f:id:dorifuto-naoki:20170206221330j:plain



 レース開始前になったので、そろそろ席に行くばい。ちょうど表彰台前。


 f:id:dorifuto-naoki:20161101194005j:plain


 さぁ、各マシンがダミーグリッド順に並べられました。君が代を歌い、フォーメーションラップ(2週)


 いよいよレース開始!


 f:id:dorifuto-naoki:20161016105831j:plain

 ↑撮るタイミングミスってる


 f:id:dorifuto-naoki:20161101215629j:plain

 (※ちょうど良い写真が撮れ無かったのでお借りしました)


 観に行った者にしかわからない、地面を揺らすような大迫力の音。

 フェラーリはもはや走る楽器。


f:id:dorifuto-naoki:20161101194037j:plain


 ↑ピット。

 そういや途中で煙が出ているマシンがいた。


f:id:dorifuto-naoki:20161101194212j:plain


 ↑ピット出口。この辺りが一番速度が出ている所。


f:id:dorifuto-naoki:20161101194107j:plain


↑ 1コーナーからのコカコーラコーナー。テント張ってる人多いな。


 1コーナーではGTEクラスのポルシェ同士の追突があった。


f:id:dorifuto-naoki:20161101194436j:plain


↑ 100R。ブレーキを踏まない為、ドライバーにとって一番横Gが激しい場所。


f:id:dorifuto-naoki:20161101194254j:plain


f:id:dorifuto-naoki:20161101194329j:plain


 5時間を経過した時点でも、P1の3台が10秒以内の差で首位を争う。


f:id:dorifuto-naoki:20161101194409j:plain


 ↑アドバンコーナー。

 観戦場所でここが一番気に入ってます。走る側の時は、好きでは無いコーナーだけど。

 

f:id:dorifuto-naoki:20161101194632j:plain


 ↑ダンロップシケイン

 高速から一気に減速する所。混走では何かしらトラブルが起こるイメージが有るが、今回は特に何も無かった。ま、それが一番なんだけどね。


f:id:dorifuto-naoki:20161101194859j:plain


 ↑プリウスコーナー。

 逆側から見るとエグい坂だが、上手く撮影できるような場所では無かった。




 残り時間も1時間を切ったので、そろそろ席に戻ろう。

 そうこうしている内に、ポルシェとトヨタがピットに入って来た。ここが勝負を決める選択だったのかも知れない。


 トヨタはドライバーを可夢偉のまま、燃料を補給し、タイヤを交換しなかった。数秒というわずかな時間を賭け、大きなリスクを背負った戦いに挑んだ。


 一方1号車ポルシェは、なんとタイヤを交換した。そして、ティッカードライバーはマーク・ウェバーだ!


 後から聞いた話だが、可夢偉はポルシェをタイヤカスのある方へと誘導して、タイヤを交換させる狙いが有ったのかも知れないらしい。

 

 残りもわずか。トップの小林可夢偉&トヨタ ガズーレーシング逃げ切れるか!?


 背後からはアウディが猛スピードで迫って来ている。


 6時間が経過し、最終ラップへ突入すると、両車の差はわずか下クラス1台を挟むのみ。


 ホームストレートに座っている観衆が一斉に「可夢偉ガンバレー!!」と旗を振った。


 最終コーナーを立ち上がって最初に見えたP1マシンは………


f:id:dorifuto-naoki:20161016165904j:plain


 トヨタ ガズーレーシング!小林可夢偉だ!!


 素晴らしいドラマを観せてもらいました。


 ル・マンでの悔しさを全力でぶつけた勝利。この勢いを来年のル・マンで是非🎌

 

 優勝したトヨタ。最後の走りを見せてくれたアウディ チーム ヨースト。そしてマーク・ウェバー。P2マシンの日産エンジン。各マシンが最高のレースを見せてくれた。


 もう今シーズンでアウディ、ウェバー、日産エンジンが見れないのが残念だけど、次に来るマシンの楽しみもある。


 f:id:dorifuto-naoki:20161101215218j:plain


 そんな大迫力の世界選手権観戦は良い思い出になりました。


 f:id:dorifuto-naoki:20161101220838j:plain


 あと、会場ではアンケート等に答えたりすると無料で貰える物もたくさんあるよ🙂


 以上!



 =NAO=クイズ


 前回の答えは②でした。


 ・ランボルギーニ ミウラやカウンタックランチア ストラトス等の有名なスーパーカーをデザインしたマルチェロ・ガンディー氏。彼が「世界で一番デザインの優れている車は?」と聞かれて答えた車はどれ?


 ①日産 スカイライン ②スズキ ワゴンRトヨタ AE86



 

 Thank you for reading.




 はてなフォト↓