CALMな時間

Everything is made from a dream

過酷な世界

 レクサス!

 こんにちは!



 モータースポーツって、実際はよく知らないと言われる事が度々あります。


 そんな訳で、少しだけモータースポーツのあまり知られていない裏側をまとめてみました。


f:id:dorifuto-naoki:20161123160048j:plain


 外から見ているだけでは、ドライバーは楽々と運転しているように見えるかも知れない。

 しかし、実際にドライバーにかかる負担は想像を絶している。


 レーシングカーは車体を地面に押し付けるダウンフォースというものを発生させ、コーナリングの安定と、車が浮かないようにする為にウイングが付けられている。(ウイングは走行中でもボタンで角度を切り替えられる)


f:id:dorifuto-naoki:20161123160614p:plain


 これによってよりコーナーの速度は上がるものの、ドライバーには激しい横Gがかかる。

 F1やWECのプロトタイプマシンなどでは、一般の人が体験すると失神するといわれる程のGを絶えずドライバーは受けている。

 特に負担がかかるのは首で、F1ドライバーは皆首が太い。


 勿論、ブレーキングでも前にGがかかる。この時、全身の血液(約800cc)が一気に脚へと移動し、戻って来なくなる。

 そこで心臓が血液を吸い上げようとする為、心臓への負担はかなり大きい。


 またドライバーは通常の車よりもはるかに重く小さいステアリング&ペダルと格闘し続けなければいけない。(因みにステアリングには数十個のボタンが付いていて、走りながら操作する)



 まるで、ボクシングと筋トレをしながら同時にマラソンをするようなものだ。


 f:id:dorifuto-naoki:20161123160237j:plain


 平均速度を200km超える中で超接近戦を繰り広げ、一瞬のミスが命を失う事だってある。そのため極度の緊張を強いられる。


 ドライバーはこれに耐えるために、通常の5倍のアドレナリンが分泌されているらしい。


 これによって心拍数も上がり、180〜200の心拍数を2時間耐える事になる。(F1の場合)


 更に、ドライバーはヘルメットや耐火スーツを着込んでいる為、サウナのような暑い車内でレースを続けている。

 その暑さだけでも大量の水分を失い、レース後には体重が5kgも減る事だってあるそうだ。


 余談だけど、レーシングドライバーはコーナーを走る時に息を止めて、ストレートのみ呼吸をしている。


 他にもレース中に作戦を変更したり、どのタイヤでどの様な走りをすれば良いかなどもチームと無線で話しながらレースをしている事もテクニックの1つだ。



 実際、俺も以前カートでレースに出ていたけれども、あの過酷さは普通じゃ無かったね。(今も年に数回呼ばれて軽いレースに行くこともある)



 まともじゃないけど、そこが面白い。



 忘れないでほしい。ヘルメットの向こう側には、暑さと疲労に苦しむドライバーの姿があることを…。



 車が好きな人がいる限り、車に限界は無い。


 f:id:dorifuto-naoki:20161123160120j:plain


 F1の過酷さが伝わるような動画を紹介します。もし興味と時間があったら?


 https://www.youtube.com/watch?v=cDvux_FuoJ0&feature=share


 http://youtu.be/hRR6aawC1_A


https://m.youtube.com/watch?v=NGHzOf1l_44



 以上。

 いつも☆を付けてくれてありがとう!



 =NAO=クイズ


 前回の答えは②でした。意外だね…。


問題。

 日本一長い名前の車はどのメーカーにあるか?

 ①トヨタ ②日産 ③ダイハツ 


 答えは次回!



 Thank you for reading.




 はてなフォト↓